link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

キュウリ ベト病じゃないかも疑惑

去年に引き続き、病気続きのキュウリくん。
去年もこのクリーム色の斑点に悩ませられました。。。

きゅうり064


ベト病の症状に一番近い気がしたので ベト病かな?と思っていたのですが
でも断定するにはちょっと違う気もするし・・・

という悶々とした日々が続いていました。

ベト病
 葉だけが侵される。子葉では、初め水浸状の斑点ができ、次第に拡大して淡褐色に変わって薄くなり、乾燥すると少し萎凋する。本葉では、初め、淡黄色の小斑点ができ、やがて葉脈に囲まれて角張った黄褐色斑点になる。激発すると、葉面全体が黄褐変して水分を失って破れやすくなり、葉縁から巻き上がって枯れる。湿度の高い条件下では、葉裏に紫黒色のかびが生える。
(タキイ苗ホームページ 野菜前線 病害虫・障害情報~キュウリの病気より~)

ベト病というのは、肥料切れや草勢が衰えた時に発症するそうなんですが
肥料切れさせた去年はまだしも 今年はその教訓を胸に
追肥は2週間に1回又は1週間に1回の割合でちゃんとあげてたんです。
にも関わらず発病。ちょと納得がいきません。


で最終的にどうなるかというと

きゅうり065


破けます。。。


そこでベト病に症状が似た「細菌斑点病」疑惑が浮上しました。

細菌斑点病
 全生育期間を通じて発生する。子葉では、水浸状、円形、淡褐色のくぼんだ斑点を葉縁や中央部に形成する。
 本葉では、水浸状の小斑点を生じ、次第に拡大して、黄褐色の葉脈で囲まれた角型病斑になる。斑点部は灰白色に変わり、組織が薄く破れやすくなる。
 果実には、暗褐色のくぼんだ斑点を生じ、その内側に亀裂ができて、やにを分泌して軟化、腐敗する。
 葉柄や茎では、暗緑色水浸状に腐敗し、病斑部より先の部分は萎凋、枯死する。
(タキイ苗ホームページ野菜前線 病害虫・障害情報~キュウリの病気~ より)


と べと病とよく似た症状の説明が書かれています。
見極めがかなり難しいんですが、
一緒に掲載されている写真をみると、
去年今年共に葉の状態が斑点細菌病のほうに似ているんです。

さらにこの斑点細菌病
第一感染は保菌種子か罹病植物の遺体からなんだそうです。

実は今年の種、去年買った種で同じものを蒔いています。
去年はうちの姉にもこの種をおすそ分けしたんですが
同じ症状の病気になりました。

となるとですよ、
この手元にある種がすでに病気に感染している可能性が高いわけです。
これは事件です!


しかし
一方で斑点細菌病と断定するには矛盾点もあります。

葉だけを侵すベト病に比べ
斑点細菌病は 葉、果実共に侵される病気なんだそうで。

今年はまだ初成りしか収穫していないのでなんとも言えませんが、
去年は果実に病気の斑点が現れた形跡はありませんでした。


とすると やはりべと病??

あ~分からない・・・



とりあえず 何か有機特効薬はないかと調べてみたところ
ベト病に効果がある「ニンニク入り木酢液」というのを発見いたしました!

市販では売っておらず、木酢液とニンニクのぶつ切りを入れて作るそうなんですが
熟成期間3ヶ月。。。
今からでは到底間に合いませんね^^;

3ヶ月の熟成期間中に木酢液とニンニク成分が混ざり合ってできた成分が
ベト病細菌を分解してくれるそうで、うどん粉病にも効果を発揮するようです。

試してみてないんで効果の程は分かりませんが、
今度来年用に作ってみたいと思います^^

斑点細菌病の方は薬以外の治療法はまだ分かりませんが、
じろたま に出来る事は
病斑が現れた葉を地道に切っていくことしか出来ません。。。


なんだか去年みたいな立ち姿のキュウリになってしまいました(笑)




↓↓励みになります!  ポチっと応援宜しくお願いします^^
スポンサーサイト
15:41 | きゅうり | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キュウリ摘芯

今日は風もなく、本当に暑かったです(+_+)
もう梅雨明けしてもいいんっじゃないかってくらいの良いお天気。

水分大好きなナスも夕方になるとかなりへばって テロンってなってました(笑)
しかし、優秀野菜のナスくんは、またまた実を沢山つけてくれてますよ^^


一方、問題児キュウリくんは
7月2日の収穫以来大した進展も無く
ついに2mの支柱に手が届いてしまいました。

きゅうり062


今しも物干し竿に襲いかからんばかりの蔓(笑)
「そろそろ摘芯せにゃいかんね~」と観察していると

きゅうり063


おほ!雌花発見!!
これは期待せずにはいられません^^

なんせ本来ならここまで成長するまでに何本か収穫できててもいいところを
このキュウリくん、まだ初成りしか収穫できていないんですからね・・・

これもやっぱりベト病のせいなんでしょうかね。
上のほうは綺麗なもんですが
下のほうはジワジワと病気に犯され続けています(ーー;)


薬剤を使わずに治す方法ってないんでしょうか?





↓↓励みになります!  ポチっと応援宜しくお願いします^^
21:39 | きゅうり | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キュウリ奮闘記

6月23日に先端の花がポッキリ折れてしまったキュウリ。
長さを測ると4、5cmでした。

24日の朝、諦めの悪い じろたま は またキュウリに定規を当てます。


5cm


おや?


前日に計り間違えたのかもしれないと
夕方 また計ってみると


5、5cm


・・・おやや?


また次の日の朝 6cm
その日の夕方 6、5cm


そして迎えた今日

きゅうり059


9cm!!!

花が折れても成長してくれたのです!!
キュウリの生命力に感謝しながら さっそく収穫してみました^^

きゅうり060


先細りではありますが
あの事故の事を思えば立派なもんです^^


どうやって食べようかな♪



第一果も無事に収穫できた事で 次に期待したい じろたま ですが
またもキュウリに波乱の予感・・・

きゅうり061


この葉は・・・
やはり今年も一筋縄ではいかないか。。。




↓↓励みになります!  ポチっと応援宜しくお願いします^^
07:36 | きゅうり | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

あ゛-!!

一昨日 昨日と
雨が降りそうで降らない湿度70%の蒸し蒸しした状態が続いていましたが
夜の間に一雨降って涼しい朝を迎えました。


さて、本日は良い知らせと悪い知らせがあります。


まずは良い知らせから。


待ちに待ったキュウリの花が咲きました^^
雄花ではなく、雌花の方ですよ!

さぁバッチリ写真に収めようとしたその時です。
電車が来るのを知らせる遮断機の音が鳴り出しました。


ここからが悪い知らせです。


一緒にベランダに出ていた2歳の息子は大の電車好き。
「電車くる、電車くる~!!」
と騒ぐので、仕方なくカメラを置いて抱きかかえてあげました。


電車が2本行き来するのを見た息子はご満悦。
さて用も足したところで 写真を撮ろうと振り返った時のことです。


きゅうり056


花がない!!
ついさっきまで先端に付いていた愛らしいあの黄色い花がありません!!

ハッとして視線を落とした先にその花はありました。

きゅうり057

なんて無残な姿でしょう。

どうやら息子を抱き上げた時に
体のどこかに当たって折れてしまったようでした。

怒られるより悲しそうな顔をされる方が数倍こたえる息子は
事を察したのか
「ごめんね、ごめんね」と必死に謝ります。

そんな息子に
「大丈夫だよ」
と答えてあげる余裕もなく・・・




顔をあげれば ついに咲かなかった第一花の雌花が


きゅうり058

 


ああ
今年もキュウリと じろたま の長い戦いが始まりそうだ・・・      つづく





↓↓励みになります!  ポチっと応援宜しくお願いします^^
15:41 | きゅうり | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今のところキュウリも順調です

近畿地方も一週間くらい前に梅雨入りしましたが、
去年だいぶ手を焼いたキュウリ君も今のところ順調に育っています^^

きゅうり053

葉が少ないのは下葉を5枚ほど切ったからなんです。
こうすると風通しが良くなり、病気になりにくくなるとか。
この第5節目から下に伸びる蔓やわき芽、雄花、雌花も欠きとると尚効果があるそうで。

さらにキュウリには剪定が必要らしいというのも初めて知りました^^;

去年はこんな事知らなかったので、当たり前のように生え放題。
それで雌花が付いてもその先大きくならなかったのかな?


そんな我が家の今年のキュウリ君もいよいよ花が咲きそうな予感が!

きゅうり055


そして そして

きゅうり054

下には雌花も!!\(^o^)/


この一番花の雌花を見つけた喜びは相変わらずですね^^
早く大きくならないかな~♪





↓↓励みになります!  ポチっと応援宜しくお願いします^^
22:06 | きゅうり | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。