link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

キュウリ ベト病じゃないかも疑惑

去年に引き続き、病気続きのキュウリくん。
去年もこのクリーム色の斑点に悩ませられました。。。

きゅうり064


ベト病の症状に一番近い気がしたので ベト病かな?と思っていたのですが
でも断定するにはちょっと違う気もするし・・・

という悶々とした日々が続いていました。

ベト病
 葉だけが侵される。子葉では、初め水浸状の斑点ができ、次第に拡大して淡褐色に変わって薄くなり、乾燥すると少し萎凋する。本葉では、初め、淡黄色の小斑点ができ、やがて葉脈に囲まれて角張った黄褐色斑点になる。激発すると、葉面全体が黄褐変して水分を失って破れやすくなり、葉縁から巻き上がって枯れる。湿度の高い条件下では、葉裏に紫黒色のかびが生える。
(タキイ苗ホームページ 野菜前線 病害虫・障害情報~キュウリの病気より~)

ベト病というのは、肥料切れや草勢が衰えた時に発症するそうなんですが
肥料切れさせた去年はまだしも 今年はその教訓を胸に
追肥は2週間に1回又は1週間に1回の割合でちゃんとあげてたんです。
にも関わらず発病。ちょと納得がいきません。


で最終的にどうなるかというと

きゅうり065


破けます。。。


そこでベト病に症状が似た「細菌斑点病」疑惑が浮上しました。

細菌斑点病
 全生育期間を通じて発生する。子葉では、水浸状、円形、淡褐色のくぼんだ斑点を葉縁や中央部に形成する。
 本葉では、水浸状の小斑点を生じ、次第に拡大して、黄褐色の葉脈で囲まれた角型病斑になる。斑点部は灰白色に変わり、組織が薄く破れやすくなる。
 果実には、暗褐色のくぼんだ斑点を生じ、その内側に亀裂ができて、やにを分泌して軟化、腐敗する。
 葉柄や茎では、暗緑色水浸状に腐敗し、病斑部より先の部分は萎凋、枯死する。
(タキイ苗ホームページ野菜前線 病害虫・障害情報~キュウリの病気~ より)


と べと病とよく似た症状の説明が書かれています。
見極めがかなり難しいんですが、
一緒に掲載されている写真をみると、
去年今年共に葉の状態が斑点細菌病のほうに似ているんです。

さらにこの斑点細菌病
第一感染は保菌種子か罹病植物の遺体からなんだそうです。

実は今年の種、去年買った種で同じものを蒔いています。
去年はうちの姉にもこの種をおすそ分けしたんですが
同じ症状の病気になりました。

となるとですよ、
この手元にある種がすでに病気に感染している可能性が高いわけです。
これは事件です!


しかし
一方で斑点細菌病と断定するには矛盾点もあります。

葉だけを侵すベト病に比べ
斑点細菌病は 葉、果実共に侵される病気なんだそうで。

今年はまだ初成りしか収穫していないのでなんとも言えませんが、
去年は果実に病気の斑点が現れた形跡はありませんでした。


とすると やはりべと病??

あ~分からない・・・



とりあえず 何か有機特効薬はないかと調べてみたところ
ベト病に効果がある「ニンニク入り木酢液」というのを発見いたしました!

市販では売っておらず、木酢液とニンニクのぶつ切りを入れて作るそうなんですが
熟成期間3ヶ月。。。
今からでは到底間に合いませんね^^;

3ヶ月の熟成期間中に木酢液とニンニク成分が混ざり合ってできた成分が
ベト病細菌を分解してくれるそうで、うどん粉病にも効果を発揮するようです。

試してみてないんで効果の程は分かりませんが、
今度来年用に作ってみたいと思います^^

斑点細菌病の方は薬以外の治療法はまだ分かりませんが、
じろたま に出来る事は
病斑が現れた葉を地道に切っていくことしか出来ません。。。


なんだか去年みたいな立ち姿のキュウリになってしまいました(笑)




↓↓励みになります!  ポチっと応援宜しくお願いします^^
スポンサーサイト
15:41 | きゅうり | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
トウモロコシ順調に | top | キュウリ摘芯

Comments

#
難しいですね。
斑点細菌病だと厄介だ・・・。
治療薬剤もないですね。
困ったものですなぁ。

木酢液って結構優秀?(笑
by: md | 2008/07/13 18:28 | URL [編集] | page top↑
#
細菌斑点病ですか…。
もし種が感染してたら、どんなに頑張って育てても直らないんですね。
お姉さんのキュウリも発症したことを考えると、
細菌感染の可能性が高いのかな?
病気や害虫、家庭菜園にも容赦ないです…。
by: ヒナ | 2008/07/14 09:20 | URL [編集] | page top↑
# mdさんへ
本当に困ったもんです(ーー;)
もう困ったを通り越して笑うしかないです(爆)

木酢液、今まで買った事も使ったこともないんですが
結構優秀みたいです(笑)
by: じろたま | 2008/07/15 22:22 | URL [編集] | page top↑
# ヒナさんへ
もし種子感染してたらもうどうしようもないですよね・・・
結局どっちの病気なのか分かりませんけど
下からジワジワきてますね。
本当に容赦ないです。。。

ちなみに穴が開くのは末期だそうなので↑すでに末期。

どうしようもないです(笑)
by: じろたま | 2008/07/15 22:27 | URL [編集] | page top↑
#
うちのキュウリも1株こんな具合になってます。
べト病かと思ってましたが…
昨年もなったんですけど、思えば昨年と同じ土を使用しています。。
(色んな土を混ぜていますが)
私も気持ち悪いし他の葉に移らないようにカットしていってますけど葉っぱが無くなって情けない緑のカーテン(なってない)です。。
by: 菜葉もも | 2008/07/18 12:09 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2010/01/26 09:51 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2016/07/10 22:41 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jirotama.blog74.fc2.com/tb.php/297-0c2c8384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。